少額予算のトレードで海外FXを比較する

platinum128_128初心者の方が海外FXを比較すときに重視すべきポイントのひとつに「取引の最低ロット」「入金の最低額」というものがあります。海外FXの場合はレバレッジが500倍前後になっているので極端に言えば、1,000円でも50万円分の証拠金を持った状態でFXトレードをすることが可能になります。

しかし、実際に1000円でトレードができる海外FX業者は限られています。その理由が「取引の最低ロット」「入金の最低額」なのです。

「取引の最低ロット」「入金の最低額」とは?

まず、わかりやすいのは「入金の最低額」です。入金の最低額が1万円(100ドル相当)であった場合には当然のことながら、1000円で海外FX口座に入金することはできません。最低でも1万円が必要になるのです。

さらに重要なポイントに「取引の最低ロット」というものがあります。

日本のFX業者の場合は、「取引の最低ロット」は1万通貨に設定されていることが多いです。最近では一桁少ない1000通貨で取引できるFX業者も増えてきています。

1万通貨が最低ロットということは

米ドル/円でエントリーをした場合には1万ドル(100万円)を購入することになります。

いくらレバレッジが数百倍の海外FXであっても、証拠金が1000円だとしたら、1000倍のレバレッジがなければ1万通貨取引はできないことになります。ポジションを持つことがができないのです。

しかも、海外FXの場合の1ロットというのは1万通貨ではなく、基本的に10万通貨に設定されています。

海外FX業者を比較する際の「取引の最低ロット」「入金の最低額」の目安は?

まず「取引の最低ロット」は1000通貨で取引できる業者を選びましょう。

一般的に海外FX業者の場合はMT4(メタトレーダー)という取引システムを採用しているため、通常であれば0.01ロットからの発注が可能になります。1ロットが10万通貨なので、0.01ロットというのは1000通貨になります。

XEMarketsという海外FX業者の場合はさらにハードルが低く、1ロットが1000通貨のミニマム口座を用意しています。この場合、0.01ロットというのは10通貨になるので、数百円でも取引が可能なレベルに設定されているのです。

「入金の最低額」は自身で用意できる金額の業者を選ぶ

「入金の最低額」は、懐具合次第ということになります。1万円以上入金する予定があるのであれば、1万円以上であれば問題ありませんし、1000円ぐらいからはじめたいというのであれば、「入金の最低額」が1000円以下、もしくは設定されていない海外FX業者を選ぶべきなのです。

XEMarketsの場合は、最低入金額は5ドル(約500円)ということになっています。

まとめ

上記の通りで、少額取引を考えている初心者の方が、海外FXで業者を選ぶ際には「取引の最低ロット」「入金の最低額」で業者を比較するべきなのです。

XEMarketsなどの海外FX業者を見ると日本国内のFX業者よりも「取引の最低ロット」「入金の最低額」のハードルは低いため、初心者でも安心して利用できると言えるでしょう。海外FXの場合はそもそものレバレッジが制限されていない為、少額でも大きく儲けられるチャンスが大きいのです。

ただし、海外FX業者のMT4(メタトレーダー)利用時に注文のロット数には注意が必要です。0.01ロットではなく1ロットで注文してしまうと10万通貨という大きな通貨量の取引になってしまうからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です