海外FXとは?FX初心者にもわかる海外FXの解説

海外FXとは、一体どのようなものを意味しているのでしょうか?今回はどんなFX初心者でもわかるように海外FXを解説します。

FXとは?

そもそも、FXトレードというのは通貨の売買で利益を上げる投資手法のことを言います。

  • 米ドル:100円

のときに1万円を米ドルに両替すれば100ドルになります。

  • 米ドル:100円 → 110円

になれば

100ドルを日本円に両替したときに1万1000円になっています。

これで1000円の儲けが出るわけです。

これだけだと外貨預金ですが、ここにレバレッジ(証拠金取引)というものを組み込むことで外国為替証拠金取引「FX」となるのです。

レバレッジ(証拠金取引)とは

預けた資金の数倍、数十倍の取引ができる仕組みのことです。

前述した例の場合(レバレッジなし)

1万円の資金を1万1000円にすることしかできませんでしたが・・・

レバレッジが100倍の場合

1万円の資金で100万円分の取引ができるので

米ドル:100円 → 110円

になれば、資金は110万円に増え、差額の10万円分の利益が出ることになります。

1万円の自己資金が10万円という10倍になるのですから、一獲千金を狙える投資手法がFXなのです。

海外FXとは?

海外FXは、外国に本社のあるFX業者でFXトレードを行うことを言います。

FXは通貨の売買です。

  • 日本のFX業者で日本円を米ドルに両替しても
  • 海外のFX業者で日本円を米ドルに両替しても

基本的な仕組みは変わりません。

アメリカにいても、イギリスにいても、日本円は日本円だからです。

全世界共通の通貨の売買だからこそ、海外に本社がある外国のFX業者のサービスでも、日本のFX業者のサービスと大きく変わることなく利用することができるのです。

そもそも、日本のFX業者も、元々は海外FX業者の代理店だった。

FXというのは、通貨の売買という話をしましたが、元々は、先物取引の1商品ジャンルではじまったものです。

先物取引というのは、米、コーン、原油など商品を売買して、差益を狙う投資のことです。その取引商品のひとつに通貨というものを組み込んだのです。

FXサービスは先物取引の1商品からはじまったのですが、素人でも理解しやすい通貨が取引対象だったため、欧米を中心として急速に広がった投資手法なのです。

日本のFX業者というのも、1990年台に登場するのですが、はじめは海外FX業者の代理店として、サービスをはじめているのです。当時は電話での売買でしたから、投資家に米ドルを1ロットと言われれば、そのまま海外FX業者に米ドルを1ロットと注文を流していたのです。

しかし、日本でも、海外でも、FXサービスに違いがないのであれば、なぜわざわざ海外のFX業者を使うの?

FXというサービスの根本的な違いはありませんが、サービスの内容には大きな違いがあるのです。

そのため、海外FXの方がメリットが大きいと判断する投資家は、続々と海外FX業者に口座を開設しているのです。

レバレッジが違う!

前述した通りで、FXサービスというのは証拠金取引と訳されるぐらいですから、証拠金取引(レバレッジ取引)が非常に重要な要素となってきます。

持っている資金の何倍、何十倍の取引ができるからこそ・・・

  • 専業主婦が●●億円儲けた。
  • 副業で資産が●●億円になった。

という夢のある成功者が続々と出ているのです。

しかし、成功者が多く出たことでFXをはじめる個人も急増し、過熱しはじめます。

FXも投資ですから、大きく儲ける方もいれば、損を出してしまう方もかなりの数いるのです。

これを懸念したのが日本国内の投資サービスを監督する金融庁です。

金融庁は「高いレバレッジが破産する個人投資家を増加させる懸念がある。」と考え、レバレッジを規制する「レバレッジ規制」を2010年に導入したのです。

レバレッジ規制以前は

  • 最大レバレッジ:200倍~400倍

が一般的でしたが

レバレッジ規制後は

  • 個人投資家:最大レバレッジ:25倍
  • 法人投資家:最大レバレッジ:200倍

と制限されてしまったのです。

これは資金力のない専業主婦やサラリーマンにとっては大きな事件だったのです。

1万円の証拠金で、今までであれば200万円~400万円の取引ができていたものが

レバレッジ規制後は

1万円の証拠金で、25万円分の取引までしかできなくなってしまったからです。

米ドル円が100円 → 101円になったとしても、

レバレッジ規制以前:400倍のFX業者を利用していた場合

  • 1万円の証拠金 → 最大400万円の取引 → 4万円の儲け

レバレッジ規制後:25倍のFX業者しかない

  • 1万円の証拠金 → 最大25万円の取引 → 2500円の儲け

となるのです。

実際問題は最大レバレッジでトレードをする方はほとんどいませんので、50倍~100倍程度が平均値だと思いますが、レバレッジ規制ではそれ以下になってしまったため、個人投資家の一獲千金の夢は薄れ、はじめからある程度の資金力のある投資家しか儲けにくい環境になってしまったのです。

しかし、この「レバレッジ規制」は日本の金融庁が作成している金融商品取引法という法律に記載されているものです。

日本の法律ですから、海外の企業には関係ありません。日本での営業活動をしない限りは、金融商品取引法に左右されることはないからです。

実際に海外FX業者は

  • 相場:最大レバレッジ400倍~500倍
  • 一番大きい海外FX業者:最大レバレッジ3000倍

という設定になっているのです。

資金が少ないけれども、ハイリターンで儲けたい投資家ほど、ハイレバレッジが重要になるため、海外FX業者の方がメリットが大きいことになるのです。

追証が違う!

「ハイレバレッジということは、その分リスクも大きいから、個人投資家に向かないのでは?」

と考える方もいるかと思います。

たしかに日本のFX業者の場合は、追証(おいしょう)という制度があるため、損失が証拠金以上に膨らむリスクがあります。

追証とは

一般的に日本のFX業者でFXトレードをする場合、ポジションを持っていて、その含み損が証拠金を超えるタイミングで強制的にロスカットされ、証拠金が0円になり、取引が終了することになります。この場合は、証拠金はなくなってしまいましたが、それ以上は何もありません。

しかし、為替が急変動する状況の場合、FX業者が強制ロスカットさせようとしても、思った価格での決済が間に合わずに証拠金よりも、損失の方が大きくなってしまうケースがあるのです。このケースでは口座残高はマイナスになります。

口座残高がマイナスになってしまう、マイナス分はFX業者が後から、投資家に請求するのです。これが「追証」と呼ばれる制度です。

このマイナス分は、投資家の債務、FX業者の債権となり、投資家は口座残高のマイナス分の借金を背負うことになってしまいます。

実際に

2015年1月15日スイスフランショック

1137人の個人投資家に:19億4800万円の追証が発生

しています。

1137人の投資家に1人あたり171万円の借金が一夜にしてできてしまったのです。

レバレッジ規制後の取引ですから、これだけの追証が発生するのですから、ハイレバレッジトレードをしていた場合は、もっと借金が膨らんでいた可能性があります。

追証は、投資家にとって非常に大きいリスクなのです。

しかし、海外FX業者には「追証」という制度がありません。

投資家の口座残高がマイナスになった場合

海外FX業者は、自動的にマイナス分をゼロにリセットしてくれるのです。

損失分は海外FX業者が補てんすることになります。

ハイレバレッジトレードのリスクというのは、拠出した証拠金残高以上にマイナスになってしまった場合に借金が発生することなのですが、海外FX業者の場合は、損失は拠出した証拠金の範囲内に限定されるのです。

これが海外FX業者の大きなメリットであり、ハイレバレッジトレードでも、リスクが限定されることに意味があるのです。

海外FXとは

  • 海外に本社があるFX業者でFXトレードをすること

であり

  • 日本のレバレッジ規制が適用されないためハイレバレッジトレードが可能になり、大きな儲けが期待できる

かつ

  • 日本のFX業者のように追証がないサービスになっているため、損失は証拠金の範囲内に限定される

メリットがあるFXの選択肢ということができます。

だからこそ、初心者も、上級者も、メインの取引口座を国内FX業者から海外FX業者に切りかえる方が急増しているのです。

海外FX業者は安心できるの?

しかし、やはり気になるのは外国の企業という点です。

海外旅行に行った時にサービスの悪い外国企業があったり
ネガティブなニュースを見た経験があれば

「メリットはわかったけど、外国の企業のFX業者を利用することには一抹の不安がある。」

というのも、よくわかります。

その点も、解説します。

安心できる点。その1「日本人が在籍している。」

海外FX業者というのは、世界中の投資家を相手にサービス展開をしています。

  • イギリスだけ
  • フランスだけ
  • オーストラリアだけ
    ・・・

ということではないのです。

ヨーロッパ、アジア、オセアニア・・・世界100か国以上にサービス展開している海外FX業者も少なくありません。

世界展開している海外FX業者は

世界各国にオフィスを持ち
主要な投資家のいる国籍の社員を雇用し
サポート担当にしているのです。

日本も、その一つですから

日本人へのサービス展開をしている海外FX業者の場合、複数名の日本人を雇用しているのです。

日本人がサポートの担当者ですから、英語は一切できなくても、日本語だけでサービスを利用することができます。

ウェブサイトも、取引ツールも、すべて日本語です。

安心できる点。その2「金融ライセンスを保有している」

海外FX業者は日本の金融庁に登録をしていません。

日本の金融庁に登録してしまえば、金融商品取引法の適用対象となり、レバレッジ規制が適用されてしまうからです。

外資系のFX業者も、金融庁に登録しているFX業者は、日本法人と同じですのでレバレッジ規制が適用されていることが分かるかと思います。

金融庁はこの登録していない海外FX業者のことを「無登録業者だから危険」と煽っていますが、確かに日本の金融ライセンスは保有していませんが、英国やヨーロッパなど本社がある国の金融ライセンスは保有している海外FX業者が多いのです。

日本の金融庁と外国の金融監督庁では

  • 顧客保護のための監査の基準
  • ライセンス付与の基準
  • ライセンスの有効期間

などが異なりますが、概ね信頼性が高いと考えて良いのです。

海外の金融ライセンスも、一つも所有していない海外FX業者は、やはり注意する必要があります。

安心できる点。その3「世界中に投資家がいる大企業もある」

海外FX業者と一言で言っても

世界中に100万人以上の顧客をかけている大企業もあれば
社員数、数名でサービス提供している中小企業もあります。

大企業の場合、世界中に100万人もの投資家がいるのですから、下手なことをすれば世界的な問題になります。国際的な責任がある分、大企業ほどサービス提供のレベルが高いのです。これは日本の企業と同じなのです。

ウサイン・ボルトや岡崎慎司が所属するレスターにスポンサードしている海外FX業者もあるぐらいです。楽天がバルサのスポンサーになって世界的に有名になりましたが、世界的なビッククラブや著名人のスポンサーになれるほどの大企業もあるのです。

海外FXのデメリットはないの?

あります。

スプレッドが広い、変動スプレッドが主流

国内のFX業者の場合、原則固定スプレッドで狭いFX業者であれば、米ドル/円:0.3銭(pips)というところが多いのですが

海外のFX業者の場合、変動スプレッドが主流で、米ドル/円 平均:1.0pipsが相場となっています。

なぜ、スプレッドが広いかというと取引方法が違うからなのですが、スプレッドが広いことは海外FXの大きなデメリットとなっています。

出金が面倒で手数料が発生する

海外のFX業者の場合、FX口座も、海外銀行の口座ということになります。

普通に日本国内の銀行口座に出金することもできるのですが、海外送金扱いになってしまうのです。

海外送金の場合、海外送金手数料が1回2,000円~3,000円程度発生してしますので、振込み手数料の数百円で出金できる国内FX業者と比較するとコスト高になってしまうのです。

税金が割高

海外FXであっても、日本に居住している日本人であれば日本に税金を支払う必要はあります。支払わなければ脱税になってしまいます。

国内FXで儲けた金額は税率20%の申告分離課税ですが、海外FXで儲けた金額については雑所得としての総合課税となります。一概に税金が高くなるというわけではありませんが、収入の大きい方ほど海外FXの方が税率が高くなってしまうのです。

まとめ

海外FX業者も、選び方さえ間違えなければ、安心して利用することができます。日本語だけで利用できるので英語が話せる必要もありません。

つまり、日本国内のFX業者と同じ選択肢の中で比較検討することができるのです。

その上で、前述した

  • ハイレバレッジトレードができる = 少ない証拠金で一獲千金が狙える
  • 追証がない = 損失が限定される

という大きなメリットがあるため、海外FXを利用しはじめる投資家が後を絶たないのです。

1 個のコメント

  • これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です