海外FXの取引システム

desltop128_128

国内のFX業者の場合は、取引システム(取引プラットフォーム・取引ツール)は、FX業者が独自で開発したものを利用しているのが普通です。国内のFX業者しか利用したことがない方は、「えっ、取引システムはFX業者が自前で作っているのが普通じゃないの?」と思うかもしれません。では、海外FXの取引システムは、どうなっているのでしょうか?

海外FX業者でMT4じゃないところを探す方が難しい

海外FX業者は、基本的に取引システムは「メタトレーダー(MT4)」を採用しています。

メタトレーダー4(MetaTrader4)というのは、ロシアのMetaQuotes社が開発したFXトレードの取引システム(プラットフォーム、トレーディングソフト)です。

MT4は、世界で最も利用されている最先端のトレードシステムなのです。

日本ではMT4を使えるFX業者はほとんどなく、日本ではMT4は高機能なチャートツールだと勘違いされているのです。

MT4はチャートのツールではなく、トレードをするための高性能取引システムなのです。

海外FXの口座を開設するとMT4のログイン情報が送られてきて、MT4をパソコンにインストールして、そのログイン情報でアクセスすると、すぐに取引ができるようになっています。

海外FX業者でも独自の取引システムを開発しているところもありますが、あくまでもメインは「MT4」で、それ以外の独自システムも使えるよ。という形でサービス提供しているところがほとんどです。

なぜ、海外FX業者はMT4、国内FX業者は独自システムなの?

では、なんで海外FX業者はMT4、国内FX業者は独自システムを採用しているのでしょうか?

これには明確な理由があります。

海外FX業者は、電子取引所取引(ECN取引)という取引方法を採用しているため、トレーダーが注文を出すと実際に為替の売買を行います。海外FX業者の収入はあくまでもこの取引を仲介した手数料(スプレッド)だけなのです。

つまり、透明性が高いために独自に取引システムを開発する必要はなく、低コストで導入できて、かつ世界的に一番普及している最先端の取引システムが使えるのであれば、なんの問題もないのです。

一方、国内FX業者は店頭取引(OTC取引)を採用しています。トレーダーの取引をノム、胴元的な取引方法なのです。

トレーダーが注文を取引システムで行っても、実際に外貨の売買は行われません。正確に言えば、行うかもしれませんし、行わないかもしれません。FX業者の裁量なのです。

トレーダーが負ければ、国内FX業者はその分儲かるという仕組みなのです。

そのため、「どんな条件になったら本当に市場で外貨の取引をするのか?」設定できる仕組みが必要なのです。また、レートの表示を意図的に変更する、ストップ狩をするなどの行為をするためにも、独自でシステム開発をしなければなりません。

これらのブラックな機能はMT4には搭載されていないからです。

結果としてほとんどの国内のFX業者は自社で開発した取引システムを採用しているのです。

MT4のメリットって何?

日本では高機能チャートツールとして認識されているように、世界中のトレーダーが開発した独自のチャートなどを利用できるのです。

さらに自動売買もMT4であれば簡単に設定でき、自分で自動売買のストラテジーを開発することもできます。世界中のトレーダーが作ったストラテジーを自分で試してみることもできるのです。

MT4はチャート機能としても、自動売買機能としても、世界中の開発者が作った最新のものを常に取り入れることができて、かつFXの売買機能も兼ね備えている取引システムなのです。

その上、FX業者が開発した独自システムではないため、透明性が高く、安心してFXを楽しむことができるというメリットがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です