取引ツール・MT4の基本的な使い方を詳しく解説。海外FX初心者ならまずはMT4の基礎知識をしっかり頭に入れることが大切です!

出典(トップ画像):MetaQuotes Software Corp.

海外FXでトレードする上で欠かせない「MT4」の基本的な使い方について説明します。

MT4は、スキャルピングから自動売買に至るまで海外FXにおいて数多くのトレーダーから絶大な支持を得ている取引ツールです。

豊富な種類のテクニカルツールを備え様々な相場分析が可能であることや、取引環境のカスタマイズ性能の高さなど、世界中のトレーダーの数多くの要望に応えられる性質が備わっています。

海外FXで勝利を重ね十分な利益を上げるにはこのMT4の特徴を十分理解しフル活用できることが必須です。

日本ではあまり普及していないMT4ですので、本ページでこのMT4の基本的な操作方法について主に初心者を対象にやさしく解説していきます。

MT4を使いこなすポイント

MT4は海外FXで取引を行うための最も基本的なツールです。ほとんどの海外FX業者で採用されていて、もはやこれ無しでのトレードは考えられない位の存在です。

実はMT4は、EA(自動売買プログラム)やテクニカルインジケーターのカスタマイズなどが盛んに行われ、上級者達がそれらの開発や情報交換等に精を出している事でも知られています。

しかし今回はMT4初心者がこれから海外FXにおいてスムーズに取引へ移行ができるよう、ごく基本的な使い方や、裁量トレード・スキャルピングを前提とした形で話を進めていきます。

右クリックメニューが便利

MT4の多くの操作は、特にスキャルピングをメインに行う場合、チャート上で「右クリック」して操作メニューを表示させるやり方が大変便利です。

出典:Tradeview

ここには新規成行・指値注文、ローソク足の時間変更、テクニカルツールの追加・削除といったよく使われる操作メニューが多く納められています。

相場分析から決済に至るまで、忙しい操作の多くはこの右クリックで表示されるメニューから実行することができるのです。

基本的には使いにくい

右クリックメニューの便利さについてお話しした矢先なのですが、MT4は基本的にその見た目や構造などから日本人トレーダーにはとっつきにくく使いずらいツールです。

特に海外FX初心者でしたら最初はその使い方をマスターするのに大変苦労するかもしれません。

しかしまずはMT4のこのような性質を理解していただきたいのです。

MT4は必要かつそれ以上の機能を備えているものの、使いやすさや、特に日本人の操作感覚等といったものに対し、海外製(ロシア)のものですので当然ながら配慮されていません。

これはツールそのものの難しさというよりは国内外の常識・文化等の違いが大きいものであり、難しいからといって決して投げ出すようなものではありません。

プロはもちろんFXを純粋に楽しみたいといった方まで、海外FXでは全てのトレーダーが使うようになるツールであり、ゆくゆくは誰でも使い方をマスターすることができます。

後は本ページや当サイトの記事を参考にしながら「ひたすら使いまくる」ことでMT4の使い方が身につくようになっていきます。

*MT4の概要・関連ページはこちら:

MT4の最も基本的な事柄を覚える

出典: MetaQuotes Software Corp.

MT4へのログイン前準備

MT4には次のような利用形態があります。

  1. PCへMT4プログラムをインストール
  2. ウェブ画面で操作
  3. スマホ/iPad等での利用

ここでは1.の形態でMT4を使うことを前提に話を進めていきます。

そして、海外FX業者で口座開設やMT4のインストールが完了しますと、次の画像のようなメールが届きます。

出典:XM

メールにはMT4へログインするのに必要なID等が記載されています。

またMT4の利用にあたってはログイン先サーバーの種類の選択といったものがあり、そのサーバー名も記載されています(画像では「XMTrading-Real7」)。

MT4へのログイン

では実際にMT4へログインしてみます。

出典:XM

上の画像のようにID・パスワードの入力とサーバーの選択を行います。

実はサーバーの種類はXMでは次の画像のようにかなりの数があり、海外FX業者によってはデモ口座用サーバーもありますので、指定されたサーバー名をしっかり選ぶようにします。

出典:XM

MT4の構造

MT4の取引画面の構造を説明します。

特に初めてのトレーダーの場合、チャート以外の部分が何だか訳の分からないように思えることでしょう。

海外FX業者によって取引画面の初期設定が若干異なっていることがありますが、多くの取引業者で次のような感じにウィンドウメニューが並べられています。

ナビゲーター(ウィンドウ)

「口座」

通常ほぼ利用することはありませんが、IDやログインサーバー名を確認したり取引業者のウェブサイトへ移動するなどの役割があります。

「インディケータ」

テクニカルツールの一覧が表示されトレードでは主役となる項目です。初めての方でも国内FXと同じようなツール名が並んでいますので、それほど抵抗感はないことでしょう。

ツール名をチャート画面へそのままドラッグ&ドロップすれば実際にツールを使うことができるようになります。

「エキスパートアドバイザ」

これはEA(MT4搭載の自動売買ツール)の一覧が並べられているもので、今回は説明を省略しますが、数多くの自動トレードを行う場合に利用することとなります。

「スクリプト」

こちらもMT4の自動操作を行うためのものですが、EAとはちょっとその役割が異なり、トレードとは別の周辺作業を自動化させることが主な目的です。

スクリプトは複数ポジションの一括決済や表示している全チャートを同じ時間足に変更するなど、一般的なコンピュータープログラムのような面倒な作業を自動でやってもらうといったイメージです。

データ・ウィンドウ

これは、マウスポインターを任意のチャートのローソク足にかざすとその4値情報(始値・高値・安値・終値)や日時等が表示されるものです。

チャート上でちょっとこの部分のレートが知りたい、メモするほどではないがいくつかのレートを参考程度に調べたいといった場合に使われます。

またチャートにテクニカルツールが挿入されていれば「サブウィンドウ」欄が設けられツール一覧が表示されます。

データ・ウィンドウはよく使う人・ほとんど使わない人の差が大きそうなウィンドウでもあります。

気配値表示

それぞれの海外FX業者でトレード可能な通貨ペアが一覧表示されています。

ただし、初期状態では全ての銘柄(CFDを含む)が表示されているわけではありません。

これは、海外FX業者によっては数百種類にものぼる商品を取り扱っていることがあり、初期状態で全てを表示させますと非常に大きなウィンドウになってしまうからです。

従って気配値表示にトレードしたい通貨ペアが無い場合は、次の方法で各通貨ペアを表示させるようにします。

「通貨ペアリストで表示変更」

気配値表示上の任意の通貨ペアを右クリックし「通貨ペア」をクリックしますと「通貨ペアリスト」が表示されます。

出典:XM

(通貨ペアリスト)

そして次の画像ですが、通貨ペア名の左側にあるドルマークをクリックし、オレンジ色の表示にさせることで気配値表示に反映されるようになります。

出典:XM

また右クリックのメニューには「すべて表示」「すべて非表示」がありますので、これらをクリックして全ての通貨ペアの表示・非表示を行うこともできます。

自由に表示位置を変える

ナビゲーター、データ・ウィンドウ、気配値表示のウィンドウは次のように自由にその配置を変えることが可能です。

出典:XM

出典:XM

出典:XM

ウィンドウ上部のタイトルバーをドラッグすれば位置を動かすことができます。

また初期設定でこれらウィンドウのいずれかが無い場合、画面上部の「ファイル」メニューからウィンドウを表示させるようにします。

口座残高やポジション等を確認したい

ターミナル

画面下にある「ターミナル」から口座残高やポジション、取引履歴の確認等を行うことができます。

「ターミナル内にある主な機能」

  • 取引・・・口座残高表示、保有ポジションの一覧
  • 口座履歴・・・取引履歴
  • マーケット・・・EAやインジケーター等の紹介
  • シグナル・・・利用できるテクニカルシグナルの紹介
  • 記事・・・MT4コミュニティサイト「MQL5」内の記事紹介

ターミナルウィンドウは画面下部に非常に狭く表示されていて見にくいのですが、ドラッグして画面中央などに表示させるといったことができます。

出典:GemForex

(取引タブにあるポジション一覧)

MT4の自由度は非常に高い

MT4は最初は慣れないと使いずらい取引ツールですが、一度基本的な使い方を覚えてしまえば実は使い勝手が非常にいいものなのです。

これから紹介しますチャートやテクニカルツールなどもやはりカスタマイズ性能が高いものであり、使えば使うほど様々な機能が覚えられ独自のフォーマットが出来上がっていくのではないかと思います。

ちなみにMT4へのログインの際に使うIDとパスワードは、口座開設のために設定したものとは異なるものとなります。

また同じ海外FX業者で異なる口座をいくつか作った場合にも別のID・PASSが使われますので、雑多となりそうな所ですがそれらの安全な保管に気を払う事が必要です。

チャート画面の基本操作

出典:XM

MT4のローソク足チャートの使い方について説明します。

最も基本的な使い方

出典:XM

上の画像はデフォルトでよくあるチャートが4つ表示された状態です。

各チャートの右上にある最大化ボタンをクリックすれば次のように特定のチャートのみを大きく表示させることができます。

出典:XM

もう一度4画面に戻したい場合には次の画像にあるようなボタン(ウィンドウの整列)をクリックするか「Alt + R」のショートカットを利用します。

出典:XM

チャートの並べ方

チャートは先程のナビゲーターウインドウなどと同じく、タイトルバーをドラッグして好きな位置に移動させることができます。

また画面上部にあるツールバーの「ウィンドウ」からは次のようなチャートの並べ方を行うことが可能です。

「重ねて表示」

出典:XM

「水平分割」

出典:XM

「垂直分割」

出典:XM

たくさんのチャートを表示させる

チャートを4つ以上表示させることも可能です。

画面左上にある「新規チャートの作成」ボタン⇒任意の通貨ペアをクリックすればいくつものチャートを表示させることができます。

出典:XM

(新規チャートの作成ボタン)

出典:XM

(合計7つのチャートを表示)

そしてウィンドウの整列ボタンを押せば表示した全てのチャートが整理表示されます。

出典:XM

複数のチャートで多角的な相場分析を行う

たくさんチャートを表示させる用途としては、同じ通貨ペアで異なる時間足を同時に見たいといった場合や、ニューヨークダウや原油の同行をチェックしながら長期的な予想を立てたいといった使い方があげられます。

FXは目的の通貨ペアのチャートだけを眺めていても、これから上がるのか下がるのかとても悩ましく思えることがザラです。

上記のような使い方により多くのチャートを同時進行でチェックしていくことで、単独のチャートでは見えてこなかった相場の行方や新しい攻略手法が見えてくることがあるのです。

表示内容の変更

バーチャート・ローソク足チャート・ラインチャート

これらの表示変更を行うには、次の画像のように画面上部にあるそれぞれのボタンをクリックします。

出典:XM

通貨ペアの変更 

気配値表示からチャートへドラッグ&ドロップを行います。とても簡単です。

その他には、気配値表示にある任意の通貨ペア上で右クリックし「チャート表示」をクリックすることで変更させる事ができます。

時間足の変更

時間足の変更は画面上部にある「M1~MN」ボタンをクリックして行います。

出典:XM

「時間足一覧」

  • M1・・・1分足
  • M5・・・5分足
  • M15・・・15分足
  • M30・・・30分足
  • H1・・・1時間足
  • H4・・・4時間足
  • D・・・日足
  • W・・・週足
  • MN・・・月足

現在どの時間足となっているのかを確認するには、次の画像のようにチャート左上にある表示をチェックします。

出典:XM

(1時間足、米ドル/スイスフラン) 

テクニカル分析ツールの使い方

出典:XM

テクニカルツールも基本をきっちりおさえれば、誰でも簡単に使いこなすことができるようになります。

ツール類は他のMT4の機能と同様にいくつかの操作方法があり、ここでは代表的なツールを例に取り上げその使い方を説明していきます。

テクニカルツールの表示方法

ナビゲーターウィンドウからツールを表示

同ウィンドウから目的のツールを見つけ、チャートへドラッグ&ドロップします。

出典:XM

例えば移動平均線を例に挙げますと、ナビゲーターウィンドウから以下の流れ(階層)で移動平均線が見つかります。

「移動平均線」

ナビゲーター→インディケータ→トレンドMoving Average→チャートへドラッグ

MACDの場合は次の通りとなります。

「MACD」

ナビゲーター→インディケータ→オシレーターMACD→チャートへドラッグ

そしてチャート上へドロップしますと次のような画像が表れますので、各種パラメーターを調整しOKをクリックすれば完了です。

出典:XM

ツールバーから表示

画面上部のツールバーにあるメニューからテクニカルツールを表示させるには以下の通りとなります。

「ツールバーから移動平均線を表示」

ツールバー→挿入→インディケータ→トレンド→Moving Averageなど

オブジェクト系ツールの表示

トレンドライン、水平線、フィボナッチといった自力で描写するツール類は、画面上部のアイコンをクリックしてから操作をスタートさせます。

出典:XM

例えばトレンドラインの場合は、上の画像の赤い囲み内の「/」をクリックするとマウスポインターが変化します。

そしてチャート上でクリックし描きたい方向へ軽くドラッグすればトレンドラインが表示されます。

出典:XM

(赤い線がトレンドライン、黄色は水平線)

*オブジェクトツールの詳しい使い方については:

パラメーターの変更

テクニカルツール作成後に表示形式を変更したいといった場合は、チャートを右クリックし「表示中のインディケータ」(移動平均線等)、「表示中のライン等」(オブジェクト)をクリックします。

出典:XM

出現したリスト画面から変更したいツールを選択し「編集」をクリックすれば各種数値の編集画面が現れます。

テクニカルツールの削除

上記パラメーター編集画像にある「削除」から行います。

またMACDやRSIといったチャート画面の下方に表示されるものは、それらの表示エリア上で右クリックし「分析ツールを削除」「サブウィンドウを削除」をクリックして削除する事もできます。

出典:XM

(MACD上で右クリックした例)

MT4はトレーダーの思うがままに使いこなせる!

テクニカルツールの表示、変更、削除については以上のように1つの操作にしても数種類のアプローチ方法があることが分かります。

使い勝手が非常に良く、操作方法がうろ覚えであってもある程度利用経験を積んでいれば気楽にそして感覚的に操作していく事が可能です。

本当はもっと様々な操作方法や便利な機能がありますが、まずは基本的な使い方に徹し一通りの操作方法を体験する事が大切です。

ここまで読んでいただければ、もはやMT4の操作に臆する事も少なくなっているのではないのでしょうか?

注文方法

ワンクリックトレード

国内FXでも「ストリーミング注文」「クイック注文」などありますが、MT4のワンクリックトレードはそれと同じものとなります。

スキャルピングでその都度エントリーしたい場合の定番的な方法です。

実行方法

下の画像にありますが、チャート上の通貨ペアのレートをただクリックするだけで新規エントリーが完了します。

出典:XM

ポジション量は中央部分の数値を前もって変更して行います。「1.00」は1ロット(10万通貨)です。

例えば1万通貨の注文なら「0.10」、3,000通貨であれば「0.03」となります。

レート表示が出現していない場合は、チャート上で右クリックし「ワンクリックトレード」をクリックして表示させます。

「注意」

大抵の海外FX業者は「1ロット = 10万通貨」なのですが、XMでは 1ロットの数量が異なるケースに注意が必要です。

スタンダード口座とZero口座は「1ロット = 10万通貨」ですが、マイクロ口座は「1ロット = 1,000通貨」となります。

一般的な注文方法(成行・指値)

成行注文

画面上部の「新規注文」アイコンをクリックします。

出典:XM

クリックしますと次のような注文内容を決めるウィンドウが表れます。

出典:XM

ここでは基本的に成行注文と、リミット(利益確定)・ストップロス(逆指値)の設定ができます。

指値注文

また上の画像中にある「注文種別」を「指値注文」に変更すれば次の通り指値注文画面に切り替わります。

出典:XM

買い注文の場合は2つ目の「注文種別」でBuy Limit(売りの場合はSell Limit)を選択しその下にある「価格」に注文価格を入力します。

「決済逆指値」(S/L)で損切りレート、「決済指値」(T/P)で利益確定レートを指定します(必須ではありません)。

指値注文の確認・取り消し

画面下にある「ターミナルウィンドウ」の「取引」タブに指値注文の一覧が表示されています。

注文を取り消すには各注文の一番右にある「×」をクリックすれば取り消し完了です。

指値・逆指値注文のとっても簡単な設定方法

MT4ではこの両注文を非常に簡単に行うことができます。

チャート上を右クリックしますと「指値買い」「指値売り」のいずれかが出現し、そのままクリックすれば指値注文が成立します。

出典:XM

上の画像の矢印で示された緑色のラインが成立中の指値(ここでは指値売り)となります。

右クリックメニューにおいて、現在レートより上にポインターがあれば「指値売り」、下にあれば「指値買い」が表示されます。

出典:XM

大変簡単に指値注文ができますが、次の内容に沿って注文内容が固定されてしまいますので注意して実行する必要があります。

「右クリックメニューで固定される注文内容」

  • 指値買い・指値売りの区別
  • 注文数量(ワンクリックトレードのレート表示内の数量)
  • レート(ポインターが差している所)

またラインを上下にドラッグすれば指値の変更を簡単に行うことが可能です。

これらは便利すぎる機能です!面倒なレート入力の必要がなく視覚的・感覚的に指値注文が行えます。指値トレードはこのやり方がベストです!

ポジション・口座残高等の確認や決済

ポジション保有中の状況を把握

保有中のポジションは画面下にある「ターミナルウィンドウ」の「取引」タブに表示されています。

出典:Titan FX

(便宜上2段に分けて掲載)

ここでは各ポジションの情報の他、口座残高、証拠金維持率などをチェックすることができます。

決済

決済するには各ポジションの一番右にある「×」をクリックします。

取引履歴

「口座履歴」タブをクリックしますと、取引履歴や損益状況を見ることができます。

出典:Titan FX

(便宜上2段に分けて掲載)

まとめ

出典: MetaQuotes Software Corp.

MT4は最初こそ使い方に躊躇してしまう取引ツールですが、一度その使い方のルールを知ってしまえば何てことはありません。

また多くの操作方法は1つだけでなく数種類の実行ボタンややり方が用意されているのもMT4の特徴です。

従って多少アバウトなマスターの仕方でもトレードでそれほど困ることはありません。

最後に、よく使うであろう操作を簡易的にまとめておきます。

「チャート上の通貨ペア変更」

  • 気配値表示から通貨ペアをチャートへドラッグ

「時間足の変更」

  • チャート上で右クリックし「時間足設定」をクリック

「テクニカルツールの表示」

  • ナビゲーターウィンドウからツール名をチャート上へドラッグ
  • オブジェクト系は画面上方のアイコン一覧からクリック

「新規エントリー」

  • 右クリックメニューからワンクリックトレードを有効にしレートボタンをクリック(成行)
  • 画面上部にある「新規注文」ボタンをクリック(成行・指値)
  • 右クリックし「指値買い(売り)」をクリック(指値)

「保有ポジション・残高・証拠金維持率の確認、決済」

  • 画面下部のターミナルウィンドウの「取引」タブで確認
  • 決済はポジション右側の「×」をクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です