初心者向け/海外FXでMT4を使いこなす5種類のテクニカルツールの使い方・その1

FXで勝つためにはテクニカルツールが不可欠です。

海外FXにおいては、世界中のトレーダーが愛用している取引プラットフォーム「MT4」に数多くのテクニカルツールが搭載されています。

移動平均線やトレンドライン、MACDといった国内FXと同じものがMT4にあり、国内FXの経験者でしたら同じような感覚ですぐに使いこなすことができる物もあるでしょう。

しかし中には、MT4ならではの操作方法やパラメーター設定等が存在し、最初はその使い方に戸惑ってしまうトレーダーが多いのも事実です。

MT4は高性能であったりカスタマイズ性能が優れている事と同時に、海外FX初心者にはその独特な見た目や作り、操作ボタンのレイアウトなどにより慣れるまで時間がかかる取引ツールでもあるのです。

そこで本ページでは、MT4におけるテクニカルツールの国内FXとの使い方の違いや注意すべきポイントも交え、MT4初心者に向け基本的な5種類のツールの使い方について説明していきます。

「今回取り上げるMT4のテクニカルツール」

  • 移動平均線
  • トレンドライン
  • MACD
  • RSI
  • 一目均衡表

移動平均線

出典:XM

移動平均線を表示させる方法

ナビゲーター⇒インディケータ⇒トレンド⇒「Moving Average」⇒ツール名をチャートへドラッグ or ツール名を右クリックし「チャートに表示」をクリック

画面左側のナビゲーター(ウィンドウ)から上記ルートをたどれば移動平均線を見つけることができます。

他にはツールバーから「挿入」⇒「インディケータ」⇒「トレンド」⇒「Moving Average」をクリックすることで表示させることができます。

上記表示方法を繰り返し行い後で説明します「期間」のパラメーターをラインごとに変えれば、よく見かける複数の移動平均線を表示させることができます。

国内FXのように最初から2~3本のラインが表示されるわけではありません。

主なパラメーター

出典:XM

「移動平均線の種別」

  • Simple ・・・単純移動平均線
  • Exponential ・・・指数移動平均線
  • Smoothed・・・平滑移動平均線
  • Linear-Weighted・・・線形加重移動平均線

Simpleは国内ではSMA、ExponentialはEMAと表記されることが多い移動平均線です。多くのトレーダーがいずれかを選ぶのではないのでしょうか。

 

「期間」

手入力で計算期間を指定します。複数のラインを表示させるには、当然ですがラインごとにこの「期間」を変えて表示作業を完了させないといけません。

「スタイル」

各ラインの色・柄(直線・点線など)・太さを決定します。

これも期間と同じく、スタイル設定を行いませんとどのラインが何日線かが分かりにくくなりますので、できればこの設定も合わせて行います。

MT4はカスタマイズ性能が高いのですが、その裏返しとしてあらゆる事柄をトレーダー自らが設定しなければなりません。

「表示選択」

各種設定を他の時間足にも適用するかどうかを決めます。

これは移動平均線以外にも備えられている項目です。

各種設定の変更方法

ライン上で右クリック⇒「(?)プロパティ」をクリックしますと(?には計算日数が入ります)、パラメーター変更画面が表れます。

またはチャート上で右クリック⇒「表示中のインディケータ」で現在表示されているツール(オブジェクト系は除く)が一覧表示されますので該当するものをクリックして編集画面を表示します。

出典:XM

(表示中のインディケータ)

移動平均線の削除方法

ライン上で右クリック⇒「分析ツールを削除」をクリック。

または、チャート上で右クリック⇒「表示中のインディケータ」をクリックしリストから削除したいラインを選んで削除。

実際の使い心地

ライン上で右クリックしてからパラメーターを変更する方法は、ラインが細いとポインターをうまくあわせにくくなります。

コツとしては、ポインターがライン上にある場合ポップアップ表示が出ますのでその状態から右クリックすれば、うまく実行することができます。

また、各ラインに色や太さなどビジュアル的な違いを施しておかないと、どの線が何日線かが分かりにくくなりますので、パラメーター画面でできるだけ調整しておくことが必要です。

トレンドライン

出典:XM

トレンドラインを表示させる方法

画面左上にある「/」をクリックしチャート上でクリック⇒目的の方向へドラッグ

または、ツールバーから「挿入」⇒「ライン」⇒「トレンドライン」⇒チャート上でクリック⇒目的の方向へドラッグ。

主なパラメーター

出典:XM

「名前」

トレンドラインの名称を決めることができます。

「スタイル」

色、柄、太さの調整。

各種設定の変更方法

「パラメーターの変更」

ラインをダブルクリックして選択状態(3カ所に点が出現)⇒右クリック⇒「Trendlineプロパティ」をクリック。

または、チャート上で右クリック⇒「表示中のライン等」⇒リストから目的のラインを選択し「編集」をクリック。

「表示の仕方を変更」

ラインをダブルクリックして選択状態⇒真ん中付近の点にポインターを当てマウスを動かすとラインが上下左右に移動

また、両端の点付近にポインターを当てドラッグしラインの角度(傾き)を調整

トレンドラインの削除方法

ラインをダブルクリックして選択状態⇒右クリック⇒「削除」をクリック。

または、チャート上で右クリック⇒「表示中のライン等」⇒リストから目的のラインを選択し「削除」をクリック。

実際の使い心地

国内FXのトレンドラインよりは操作しにくいです。

トレンドライン作成後に様々な変更をかけるには、選択状態を意味する「3点表示」を、ダブルクリックを経て行わなければならないのが面倒です。

出典:XM

例えば削除する際は、国内FXにあるような「消しゴムツール」を使って簡単にラインを削除するといったことができず、上記3点表示を経てから削除を行うこととなります。

特にまだ使い慣れてない状態ですと、こういった操作方法を自力で発見するのは難しいでしょう。

それならばチャート上で右クリックし「表示中のライン等」から編集していくのが簡単です。

また「水平線」や「垂直線」も作成から編集、削除の仕方はトレンドラインと同じです。

ちなみにトレンドラインの使い方に慣れてきたら、ボックス相場の平行ラインが引ける「平行チャネル」もおすすめです。

MACD

出典:XM

MACDを表示させる方法

「ナビゲーター」⇒インディケータ⇒オシレーター⇒「MACD」をチャートへドラッグ

 or ツール名を右クリックし「チャートに表示」をクリック

または、ツールバーから「挿入」⇒「インディケータ」⇒「オシレーター」⇒「MACD」をクリック。

主なパラメーター

出典:XM

「短期・長期・シグナル」

MACDでメインとなるパラメーターです。

ただ国内FXと異なり2本の線の描写とはなっていません。

国内FXと同じように2本線にする方法はあるのですが、「MetaEditor」(メタエディター)という機能からプログラミング作業(難しくはありませんが)が必要となってきます。

各種設定の変更方法

パラメーター調整の方法は、チャート上で右クリック⇒「表示中のインディケータ」⇒一覧から選択し「編集」をクリックします。

他には、MACD上で右クリックして「MACDプロパティ」をクリックする方法もあります。

MACDの削除方法

チャート上で右クリック⇒「表示中のインディケータ」⇒一覧から選択し削除を実行します。

もっと簡単な方法としては、MACD上で右クリックして「分析ツールを削除」「サブウィンドウを削除」をクリックすれば削除となります。

実際の使い心地

短期・長期・シグナルで定番となっている「12・ 26・ 9」は、国内FXはもちろん多くの海外FX業者がデフォルトでこの設定を取り入れています。

国内外で共通の初期設定であり、世界中のトレーダーの目につきやすいものですので、この設定は温存させた方がツールの効きが高まるものとなります。

ただパラメーター調整は奥深いものでもありますので、こう断言するのは短絡的かもしれません。

一方でMT4の移動平均線はラインを1本1本作成するため、みんな何本で相場分析しているか、計算日数は何日が多く採用されているのか・・・。

つまり、トレーダーによって利用実態がMACDよりもまちまちとなっている可能性があり、ツールの効き具合に慎重とならざるを得ないのです。

RSI

出典:XM

RSIを表示させる方法

「ナビゲーター」⇒インディケータ⇒オシレーター⇒「Relative Strength Index」をチャートへドラッグ or ツール名を右クリックし「チャートに表示」をクリック

または、ツールバーから「挿入」⇒「インディケータ」⇒「オシレーター」⇒「Relative Strength Index」をクリック。

RSI(相対力指数)はMT4においては「Relative Strength Index」と表記されています。

主なパラメーター

出典:XM

  • 期間・・・14(デフォルト値)
  • 下限設定・・・0(デフォルト値)
  • 上限設定・・・100(デフォルト値)

各種設定の変更方法

チャート上で右クリック⇒「表示中のインディケータ」⇒一覧から選択し「編集」をクリックします。

他には、ライン上で右クリックして「RSIプロパティ」をクリックする方法もあります。

RSIの削除方法

チャート上で右クリック⇒「表示中のインディケータ」⇒一覧から選択し削除を実行します。

またRSI上で右クリックして「分析ツールを削除」「サブウィンドウを削除」をクリックすればより簡単に削除することが可能です。

実際の使い心地

ここまで移動平均線、トレンドライン、MACD、RSIの説明をしてきた中で、もうRSIについては簡単に操作方法が理解できるのではと思います。

元々設定項目が多くないので、このRSIは国内FXと同じような感覚で各種操作が可能となっています。

複数のラインを表示させる方法

ただ移動平均線と同じく、国内FXのように最初から複数のラインが表示されません。

複数のラインを表示させたい場合は、画面左側のナビゲーターウィンドウからRSIをドラッグします。

そして、既存のRSIの表示領域にドロップすれば複数のラインを表示させることができます。

この時各ラインの期間を違うものに設定するのを忘れないようにします。

出典:XM

またすでにRSIがある状態でチャート上にドロップしますと別々の表示となります。

出典:XM

一目均衡表

出典:XM

一目均衡表を表示させる方法

「ナビゲーター」⇒インディケータ⇒トレンド⇒「Ichimoku Kinko Hyo」⇒チャートへドラッグ or ツール名を右クリックし「チャートに表示」をクリック

または、ツールバーから「挿入」⇒「インディケータ」⇒「トレンド」⇒「Ichimoku Kinko Hyo」をクリック。

主なパラメーター

出典:XM

  • 転換線・・・9(デフォルト値)
  • 基準線 ・・・26(デフォルト値)
  • 先行スパンB ・・・52 (デフォルト値)

各種設定の変更方法

チャート上で右クリック⇒「表示中のインディケータ」⇒一覧から選択し「編集」をクリックします。

他には、ライン上で右クリックして「Ichimokuプロパティ」をクリックする方法もあります。

一目均衡表の削除方法

チャート上で右クリック⇒「表示中のインディケータ」⇒一覧から選択し削除を実行します。

またライン上で右クリックして「分析ツールを削除」をクリックし削除する方法もあります。

実際の使い心地

一目均衡表は国内FXとほぼ同じ感覚で使うことができます。

ライン数が多く一見するとごちゃごちゃした感じもしますので、編集画面の「色の設定」から色や表示方法を自分好みに変更するのがポイントです。

「国内FXと異なる計算方式と海外勢の影響」

一目均衡表は日本人が開発したテクニカルツールですが、計算の中身が国内外で異なっているといった事情があります。

実際はちょっとの差かもしれませんが、FXは海外トレーダーの取引量が圧倒的に多く、しかも彼らは主にMT4を利用していますので、この一目均衡表の仕様の違いはあながち無視できないかもしれません。

国別の取引量を見ますと2016年において日本は世界第5位ですが、それは1位のイギリスの1/5、2位アメリカの1/3の取引量でしかありません。

このように海外勢の影響は絶大であり一目均衡表の使い方について再考の可能性が出てくるのです。

出典:グローバルノート(株)

まとめ

出典:XM

MT4には非常に多くのテクニカルツールがありますが、操作方法が似ていたり複数のアプローチ方法が用意されている性質があります。

最初はちょっとその使い方に戸惑うかもしれませんが、2~3種類の使い方が分かれば他のツールを使うハードルはグッと下がるものです。

国内FXとちょっと異なる部分もありますので以下にあげる注意点に気を付けてどんどんトレードを重ねていくことがMT4をマスターする秘訣です。

「MT4におけるテクニカルツールの注意点」

  • 移動平均線とRSIは何度か表示作業を行わないと複数のラインが表示されない
  • トレンドラインはダブルクリックして「3点表示」してから編集を行う
  • MACDは通常2本線とはなっていない
  • 一目均衡表はラインの計算方式が国内のものとは異なることに注意

初心者向け/海外FXでMT4を使いこなす5種類のテクニカルツールの使い方・その2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です