海外FXでは入金した金額以上に損をすることはありますか?

money2128_128

海外FXでは入金したお金以上に損をすることはあるのでしょうか?

国内FX業者の場合

実は入金したお金以上に損をすることはあります。

これは「追証」と言われるもので

リーマンショックやテロなどで急激な為替変動が発生した場合、有効証拠金内でFX業者が強制ロスカットをしきれないケースがあるのです。相場が急激に変動したため、本来なら有効証拠金がなくなったタイミングで売り注文をFX業者が強制的に出して、強制ロスカットをさせるのですが、この売り注文が成立よりも早く相場がさらに変動してしまうことがあるのです。

この場合には証拠金以上にFX業者が損をしてしまうために、その損失分を後から請求する「追証」が行われるのです。

海外FX業者の場合

海外FX業者はほとんどの業者で「追証ゼロサービス」を実施しています。

つまり、どんなに急激に相場の変動があって、証拠金以上に損失がでたとしても、FX業者がかぶってくるのです。

月1万円の金額だけ証拠金として入金していた場合には、

どんなに予想をはずして、負けまくっても、損をするのは月1万円までなのです。

まとめ

上記のように実は、国内のFX業者は証拠金以上に損をする可能性があるのですが、海外のFX業者の場合は証拠金以上に損をすることはないのです。

さらにレバレッジが違うため同じ1000万円分の取引をする場合には

  • 国内のFX業者では最低40万円の証拠金が必要で、それ以上に損をする可能性がある。
  • 海外のFX業者では最低1万円の証拠金が必要で、それ以上に損をする可能性はない。

のです。どちらがリスクが大きいのかは一目瞭然です。

レバレッジ規制を導入したときに政府が「海外FX業者はリスクが大きい」と説明していましたが、そもそもの認識が間違っているのです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気記事ランキング

  1. 1位

    cTraderにおける5種類のテクニカルツールの使い方・その1。直感操作でcTrader初心者でもマスターに時間がかかりません!

  2. 2位

    海外FXの評判ってどうなの?実際に10社体験した上での本音で海外FX評価

  3. 3位

    海外FXツール・cTraderの基本的な使い方を解説。cTraderでスキャルピングならこのページを読めばマスターできます!

  4. 4位

    YADIX(ヤディックス)とは一体どんな海外FX業者なのか?日本ではあまり知られていないYADIXについて当ページで詳しく解説します。

  5. 5位

    香港発の海外FX業者GemForexとは?ボーナス優秀・日本語対応トップレベル!そして注意すべき点まで詳しく解説します!

  6. 6位

    取引ツール・MT4の基本的な使い方を詳しく解説。海外FX初心者ならまずはMT4の基礎知識をしっかり頭に入れることが大切です!

  7. 7位

    過去の評判がとても芳しくないIron FXとは?本ページにて冷静な視点からIron FXを詳しく解説していきます!

  8. 8位

    Tradeview(トレードビュー)は長所と短所が入り混じった海外FX業者。Tradeviewを利用する上で注意すべきポイントをここで詳しく解説します。

  9. 9位

    cTraderは右クリックメニューが大変便利!様々なアクションが可能なcTraderの右クリックメニューについて詳しく解説します!

  10. 10位

    海外FXは、なぜスプレッドが広いのか?スプレッドの広さと豊富に用意された通貨ペアの関係とそれでも海外FXを選ぶ理由とは?