メタトレーダー4(MT4)を使うなら海外FX業者がおすすめの理由

graphline128_128

日本ではメタトレーダー4(MT4)は、トレードプラットフォームとしてよりは、高機能チャートツールとして知られていますが、実際にはメタトレーダー4(MT4)は世界で一番普及しているトレードプラットフォームなのです。

しかし、日本のFX業者の多くはメタトレーダー4(MT4)を採用していません。独自のプラットフォームを使っているところが圧倒的に多いのです。

なぜ、日本のFX業者でメタトレーダー4(MT4)を使えるところが少ないの?

これには理由があり、日本のFX業者はOTC取引(店頭取引)という取引方法を採用しているのです。店頭取引(OTC取引)では、実際にトレーダーの注文が失効されずにFX業者が胴元としてノムのです。ノミ行為をFX業者が行っているようなものなのです。

ノミ行為というのは、競馬でよく使われる言葉ですが、友達に競馬の馬券を頼まれた場合に、実際には外れる確率の方が高いと考えて馬券を買わずに、外れたら自分が儲かって、当たったら仕方がなく自腹で払い戻す行為のことを言います。

ノミ行為自体が違法なのではありませんが、FXトレードの場合、FX業者とトレーダーが利益相反してしまうのです。トレーダーが負ければ負けるほど、FX業者が儲かるということです。

そのため、日本のFX業者は「レートずらし」「故意のスリッページ」「故意のシステム傷害」「ストップ狩」など見えないところで、色々な操作をしている可能性が高いのです。これらの操作をするためには、世界的に普及している透明性の高いメタトレーダー4(MT4)だと都合が悪いのです。

そこで、自社開発した独自のプラットフォームをほとんどのFX業者が使っているという現状があるのです。

海外FX業者はメタトレーダー4(MT4)を標準搭載

日本のFX業者とあきらかに違うのは、海外FX業者が採用しているのはECN取引(電子取引所取引)・STP取引と呼ばれているもので、トレーダーが注文をしたら、実際に通貨の売買を行う形の取引方法です。

その仲介役が海外FX業者なのです。実際に売買をする仲介手数料としてスプレッドが発生します。

この取引方法の場合は、 海外FX業者は取引量が増えれば増えるほど利益が増えることになります。つまり、トレーダーに儲けてもらうことが海外FX業者が儲かることとイコールなのです。

また、FXトレードを操作する必要もない為、透明性が高く、導入コストが安く、世界で一番普及しているメタトレーダー4(MT4)はほぼすべての海外FX業者が導入しているのです。

メタトレーダー4(MT4)は常に進化しているため、機能も豊富で、システムトレードのEAの開発者も多いなど、大きなメリットがあるのです。

メタトレーダー4(MT4)なら海外FX業者がおすすめの理由

1.選択肢の数が違う

最近では日本のFX業者でも、メタトレーダー4(MT4)を採用する業者も以前よりは増えてきましたが、海外FX業者の比ではありません。海外FX業者の場合はメタトレーダー4(MT4)が標準搭載なので、選択肢が圧倒的に多いのです。

2.そもそも透明性の高い海外FX業者の方が良い

また、同様にそもそも目に見えない操作をされかねない国内FX業者よりも、透明性の高い海外FX業者の方が良いのです。また、レバレッジ規制も対象外のため、レバレッジ1000倍という海外FX業者も存在します。また、同じメタトレーダー4(MT4)が使える業者としても、XM(エックスエム)などの海外FX業者の場合は、最低入金額5ドル(500円)、最小取引単位10通貨、と参加ハードルも非常に抑えられて設計されているのです。

3.システムトレードで必須のVPSサーバーも無料

メタトレーダー4(MT4)を使ってシステムトレードを行う場合には、24時間遠隔サーバーで起動し続けてくれるVPSサーバーと言うものが必要になります。日本の場合は、VPSサーバーは月額3000円ほどの金額でサーバー会社が提供しているのですが、海外FX業者のいくつかの業者は無料でVPSサーバーを利用することがdけいます。

まとめ

メタトレーダー4(MT4)が使えるFX業者を探しているのであれば、透明性が高く、選択肢が豊富な海外FX業者を選ぶべきなのです。

おすすめの海外FX業者

XM(エックスエム)

  • 「約定率が100%でかつ99.35%が1秒以内に執行される」という高い約定力
  • 最大2万ユーロ(約250万円)までの信託保全
  • 最大レバレッジは888倍と十分なレバレッジがある
  • 最低入金額5ドル(500円相当)、最低取引量10通貨、日本人スタッフ在籍と初心者でも安心
  • 日常的な入金ボーナスや季節ごとに設定されるキャンペーンボーナスで勝率アップ
  • 毎日トレードコンテストが行われている「コンテストアリーナ」に注目

xemarkets_web

XM(エックスエム) 海外FX口座開設はこちら

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気記事ランキング

  1. 1位

    cTraderにおける5種類のテクニカルツールの使い方・その1。直感操作でcTrader初心者でもマスターに時間がかかりません!

  2. 2位

    海外FXの評判ってどうなの?実際に10社体験した上での本音で海外FX評価

  3. 3位

    海外FXツール・cTraderの基本的な使い方を解説。cTraderでスキャルピングならこのページを読めばマスターできます!

  4. 4位

    YADIX(ヤディックス)とは一体どんな海外FX業者なのか?日本ではあまり知られていないYADIXについて当ページで詳しく解説します。

  5. 5位

    香港発の海外FX業者GemForexとは?ボーナス優秀・日本語対応トップレベル!そして注意すべき点まで詳しく解説します!

  6. 6位

    取引ツール・MT4の基本的な使い方を詳しく解説。海外FX初心者ならまずはMT4の基礎知識をしっかり頭に入れることが大切です!

  7. 7位

    過去の評判がとても芳しくないIron FXとは?本ページにて冷静な視点からIron FXを詳しく解説していきます!

  8. 8位

    Tradeview(トレードビュー)は長所と短所が入り混じった海外FX業者。Tradeviewを利用する上で注意すべきポイントをここで詳しく解説します。

  9. 9位

    cTraderは右クリックメニューが大変便利!様々なアクションが可能なcTraderの右クリックメニューについて詳しく解説します!

  10. 10位

    海外FXは、なぜスプレッドが広いのか?スプレッドの広さと豊富に用意された通貨ペアの関係とそれでも海外FXを選ぶ理由とは?