海外FXの取引手数料

tenbin128_128

海外FXを行う場合には取引手数料は発生するのでしょうか?

海外FXも日本のFXと同様にほとんどの口座には取引手数料はない

海外FX業者も、日本のFX業者も、同じようにほとんどの口座では取引手数料はありません。

ほとんどの口座は取引手数料無料

なのです。海外FX業者にとってはスプレッドの収益がメインになっているのです。利用者にとっては、取引手数料の心配はなく、コストを重視するのであればスプレッドを比較すれば良いのです。

海外FXのスプレッド比較

口座によっては取引手数料有料の口座もある

基本的には取引手数料が無料に設定されている口座がほとんどですが、一部の口座では取引手数料が有料のものもあるのです。

スタンダード口座

  • 取引システム:MT4
  • 取引手数料:無料
  • スプレッド:1.0pips

VIP口座

  • 取引システム:MT4
  • 取引手数料:3ドル/1ロット(10万通貨取引)
  • スプレッド:0.1pips

cTrader口座

  • 取引システム:cTrader
  • 取引手数料:3ドル/1ロット(10万通貨取引)
  • スプレッド:0.1pips

というような形です。取引手数料が無料ではなく、有料になっている分、スプレッドが大幅に狭いという口座があるのです。また、MT4は取引手数料無料のモノが多いのですが、MT4以外の取引システムを採用している口座の場合も、取引手数料が有料でスプレッドが狭いモノがあります。

取引手数料が有料の口座の方がお得?

上記の例で見てみると

1ロット(10万通貨取引)に3ドル(約300円)の取引手数料が発生したという場合には、スプレッド換算すれば0.3pipsということになります。

つまり、スプレッドと取引手数料を合計しても、トレードコストは0.4pipsになるのです。

取引手数料が無料でもスプレッドが1.0pipsだとしたら、取引手数料が有料の口座の方がトレードコストは安いことになります。

「取引手数料が有料だからその口座はお得ではない。」

というのは間違っているのです。

取引手数料が有料であっても、スプレッドに換算しなおして取引手数料が無料の口座と比較することをおすすめします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気記事ランキング

  1. 1位

    cTraderにおける5種類のテクニカルツールの使い方・その1。直感操作でcTrader初心者でもマスターに時間がかかりません!

  2. 2位

    海外FXの評判ってどうなの?実際に10社体験した上での本音で海外FX評価

  3. 3位

    海外FXツール・cTraderの基本的な使い方を解説。cTraderでスキャルピングならこのページを読めばマスターできます!

  4. 4位

    YADIX(ヤディックス)とは一体どんな海外FX業者なのか?日本ではあまり知られていないYADIXについて当ページで詳しく解説します。

  5. 5位

    香港発の海外FX業者GemForexとは?ボーナス優秀・日本語対応トップレベル!そして注意すべき点まで詳しく解説します!

  6. 6位

    取引ツール・MT4の基本的な使い方を詳しく解説。海外FX初心者ならまずはMT4の基礎知識をしっかり頭に入れることが大切です!

  7. 7位

    過去の評判がとても芳しくないIron FXとは?本ページにて冷静な視点からIron FXを詳しく解説していきます!

  8. 8位

    Tradeview(トレードビュー)は長所と短所が入り混じった海外FX業者。Tradeviewを利用する上で注意すべきポイントをここで詳しく解説します。

  9. 9位

    cTraderは右クリックメニューが大変便利!様々なアクションが可能なcTraderの右クリックメニューについて詳しく解説します!

  10. 10位

    海外FXは、なぜスプレッドが広いのか?スプレッドの広さと豊富に用意された通貨ペアの関係とそれでも海外FXを選ぶ理由とは?